特殊清掃の現場がゴミ屋敷だったら、相場は跳ね上がる?

発注前にこれだけは気をつけたい!特殊清掃の相場と現実って?

特殊清掃のmain画像
特殊清掃の現場がもしもゴミ屋敷だったら相場は?害虫除去、悪臭除去、室内清掃の困難などから相場は跳ね上がる可能性が
特殊清掃の現場がゴミ屋敷だったら、相場は跳ね上がる?

ゴミ屋敷の中で住人が急死した場合、遺体の腐敗状況によって害虫の広がりが部屋中に及びます。

相場は当然跳ね上がる可能性が高くなります。

知り得た体験者のエピソードやネット上のブログなどから整理して紹介しましょう。

・参考:孤独死した60代女性、お一人様の最期は認知症でゴミ屋敷に… - Ameba News [アメーバニュース]

◆よくあるゴミ屋敷の中での突然死と問題。

テレビ番組でもよく取り上げられるようになったゴミ屋敷の問題。

中高年の単身世帯や高齢者の一人暮らしの住居ではよくある光景です。

理由はさまざまですが、そのような住居で住んでいる方が亡くなられた場合は、特殊清掃と遺品整理事業の2つがセットになります。

通常でも遺品整理は行なわれますが、特殊清掃が必要になる現場では、ゴミの山への害虫の拡散、消毒と悪臭の長時間化など問題が生じます。

◆1日では解消できずに相場プラスアルファも…。

特殊清掃が入った場合の問題というのは、遺体の発見が遅れたケースで生じる衛生問題のことです。

遺体から発生したウジ虫などの害虫が、ゴミの山に入り込んで増殖したり、さらに腐敗がすすんだ遺体の臭いが蔓延してご近所にも迷惑をかける状態になったりしています。

このような場合、オゾン臭の除去は1日では解消されないので数日がかりです。

ハウスクリーニングから遺品整理に至るまでにも長い時間を要するので、当然相場は跳ね上がる可能性があります。

◆特殊清掃は大半がハウスクリーニングと遺品整理のセット。

ゴミ屋敷では撤去と清掃時間、消毒・消臭時間がキモになります。

特殊清掃の時間が長くかかった分だけ相場は跳ね上がります。

通常の相場の2割増し程度はみておいたほうが良いでしょう。

害虫駆除・オゾン臭の完全脱臭、部屋の中の染みがヒドければリフォームも必要になります。

Copyright 発注前にこれだけは気をつけたい!特殊清掃の相場と現実って? All Rights Reserved.