新宿で予定中です。「医療脱毛に不向きな人」はいるの?

新宿の医療脱毛アルアル!意外と知られていない事実。

新着記事

新宿で予定中です。「医療脱毛に不向きな人」はいるの?

新宿だけではなくどこの医療脱毛クリニックに行っても、脱毛が先送りされてしまう例があります。

◇参考記事:“妊娠中は脱毛をしてはいけない”って本当?

不向きと分った人は可能な限り状態を良くしてから来院しましょう。

★日焼けした人、体毛の細い人は不向き!?

医療脱毛で使用するレーザーはとても強力で、エステサロンで使われている脱毛マシンの出力にくらべ3倍はあるとされています。

そのレーザーが反応するのは、黒いメラミン色素であり、「黒色メラミン+医療脱毛用の強力なレーザー」が決め手となっています。

そのためあえて医療脱毛に不向き人を言うなら、日焼けをしてしまっている人、毛が薄く細い人、金髪や白髪の人、さらに自分で毛抜き処理をして間がない人などです。

★ドクターストップの可能性さえ出てくる例!?

自前で毛抜き処理をしている人は、医療脱毛の強力なレーザーによって、傷んだ毛根組織やその奥にある毛乳頭組織が異なったダメージを受け、炎症を起こしてしまう可能性があります。

新宿に限らずどこのクリニックに行っても、初日のカウンセリングからすぐに脱毛に入ることができなくなります。

毛抜き後の毛穴の状態が元に戻ってからのスタートになるでしょう。

1週間以上は先になります。

★新宿のクリニックにも“炎症などの治療が先”という利用者がやってきます。

無理をして自己処理するのは禁物です。

医療脱毛すると決めたのなら、その日からは肌の保湿と自然なシェービングに努めましょう。

また日焼けサロンは厳禁です。

できれば日焼けが落ちた白い肌の状態で新宿のクリニックを訪ねるのがベスト。

状態が悪ければ脱毛効率が低下してしまいます。